通販で買える避妊薬が体に合うかどうか3シート服用で判断

近年、効果の高い避妊薬として多くの女性が利用しているのがピルです。
ピルは婦人科で処方してもらえる経口避妊薬で、合成エストロゲン(卵胞ホルモン)と合成プロゲステロン(黄体ホルモン)が主成分になっています。
ピルを飲むと、これらの主成分が排卵を抑制したり、子宮内膜に受精卵が着床しにくい状態に変化させたり、精子が子宮内に入りにくいように子宮頸管粘液を変化させる働きにより、避妊効果を得られます。
避妊薬として用いられる低用量ピルには21錠が1つのシートになっているものと、28錠が1シートになっているものがあり、それぞれ飲み方が異なります。
どちらのタイプも基本的には生理初日にシートの1錠目から飲み始めますが、21錠タイプのものは1シート分を飲み終わったら7日間休んでから新しいシートの分を飲み始めます。
28錠タイプは最後の7錠に薬の成分が入っていないことで、飲み忘れをせずに規則正しく使えることが初心者でも使いやすい点となっています。
ピルは1シートが1カ月分となるので、3シートでは3カ月分ということになります。
初めてピルを飲んでいる人や別の種類のピルに変えた人が不正出血などの不調が出やすいのは3シート目くらいまでと言われており、3シートを越えた辺りから体の違和感なども薄くなってくるため、ピルが自分の体に合っているかどうかは3シートほど服用してみて判断するのが良いでしょう。
ピルは婦人科で処方してもらうのが一般的ですが、ネット通販でも扱っているところがあります。
通販の利用は病院に行く時間が無い人などには便利ですが、通販での購入は自己責任となり、体の状態によってはピルを飲んではいけない人もいますので、特に初めて利用する人などはクリニックで診察を受けて処方してもらうのが、安全に薬を利用出来るのでおすすめです。